クレジットカードというと、会社員や公務員など、職業形態がしっかりしていて安定した収入がある人が持つものというイメージがあるかもしれません。

しかし、現在は主婦や学生でもクレジットカードを持つ時代。種類やランクは限られてきますが、職業形態などに関係なくクレジットカードを発行できるようになりました。

中でも、大手消費者金融のアコムが発行しているアコムマスターカード(ACマスターカード)は、男女問わず幅広い世代に指示されています。

アコムマスターカードなら、パート勤めの主婦やアルバイトをしている学生でも、国際ブランドつきのクレジットカードをもつことが可能になっています。

マスターカードだから、もちろん海外旅行にも使えるし、加盟店が多いことから、国内・海外問わず非常に多くのお店で使えるのが魅力です。

公共料金の支払いやネットショッピングもコレ一枚で簡単にできますし、返済にしても全国のコンビニやアコムATMなどでできるのでかなり便利です。

その上、インターネットバンキングもOK、キャッシングとショッピングを上手に使い分けていくことができるし、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

acom-mastercard02.jpg

通常のアコムカードのキャッシング枠は、モビットと並んで最大500万円ですが、アコムマスターカードもアコムカードと同様に限度額は500万となっています。

なお、アコムマスターカードへの申し込みをするなら、まずはWEBの3秒診断をやってみるといいでしょう。簡単入力で、24時間いつでも審査結果を知ることができます。

もちろん、簡易審査になりますので3秒審査に通ったからといって、必ず審査に通るということではありませんが、かなり参考になると思います。

今では多くの人が持っているクレジットカード。クレジットカードには幾つかの種類があって、初めてクレジットカードを発行するときは、殆どの場合、ノーマルタイプのクレジットカードになります。

ノーマルカードの上のランクにゴールドカードが、その上にプラチナカードが、そして最上級のクレジットカードがあの噂のブラックカードです。普通は、ノーマルカードを使い続けますが、最近ではゴールドカードに格上げする人も多くなってますよね。

しかし、その上のプラチナカードやブラックカードを持つ人は選ばれた人だけです。普通じゃ持てない分、プラチナカードやブラックカードはどういったカードなのか気になりますよね。それでは、この2種類のカードについて少し説明しましょう。

まず、プラチナカードですが、このカードはカード会社に持ちたいと希望したからといって発行してくれません。カード会社から招待されて初めて発券することができるのです。では、どのような人が招待を受けるているのか。

これには、審査基準が関わってきて、特に重要視されるのは、やはり年収でしょうね。クレジットカード会社によって、年収の基準や条件は違ってきますが、年収の目安としては、1500万以上と考えておくと良いかもしれません。

例えば、有名なところでは、、アメリカンエキスプレスは審査基準が相当高いといわれています。アメックスのゴールドカードは、プラチナカード並に審査が厳しいといわれているし、年会費も高くなります。では、プラチナカードを持っていると、どのような特典があるんでしょうか。

saitoku01.jpg

まず、限度額が違います。プラチナカードの限度額は分かりませんが、ノーマルカードに比べるとかなりの額を借りることができるようです。また、空港内ではVIP待遇にラウンジを使用することができ、ホテルを予約したり、航空券の手配をした場合、部屋や席のグレードが上がります。

その他にもまだまだ良い待遇を受けることができるといいます。そして、いよいよブラックカードを説明したいと思います。まず、ブラックカードを持つことができる人は、ほんの一部の人です。そして、噂にもありますが、ブラックカードには限度額というものがありません。

当然ながら、ホテルの部屋もプラチナカードよりも上級の部屋になりますし、ジェット機をチャーターできるという特典もあるようです。要は、ブラックカードはプラチナカードで受けられる特典はもちろんのこと、その特典がさらにグレードアップすると考えればいいわけです。

クレジットカードは、申し込み者の信用状況に応じて発行されるものなので申し込んだ本人以外が使用することは認められていません。いくら夫のクレジットカードだからといっても妻が使用することは違反行為となります。

しかし、これではかなり使いかってがよくないということで、配偶者や家族向けのクレジットカードが作られるようになりました。これが家族カードです。

saitoku.jpg

家族カードの発行手数料は、家族カードを発行しているほとんどのクレジットカード会社で無料となっています。年会費も無料や半額などがほとんどなので、家族で別々のクレジットカードを持つよりも断然お得になります。

家族カードの良い所は、カードの種類によっては本人カードを同じサービスや特典を受けれる他、何よりもポイントがお得に効率よくためれるところでしょう。

そして、家族カードの支払いは、すべて本人用カードに合算されるのでみんなの使用状況も把握できるようになってます。現金ではなく家族カードで支払うようにすれば、家族の買物内容もまとめてチェックすることもできるわけです。

家計簿をつけている場合などは、かなり便利ですね。家族カードは、元となるクレジットカードで返済遅延などを起こしていない場合にはまず問題なく発行できますので、是非お試し下さい。